【ベビモ】はじめてママ・パパの悩みを解決

検索

menu

カテゴリー一覧

FOLLOW US!

  • LINE
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
  • Tiktok
menu

MENU

会員登録
menu

2021.10.01

病気・ケガ・救急

これは本当にまずいかも・・・。生後3ヶ月でおへそがピンポン玉大に膨れ上がり受診した結果【うちの子病気体験談】

赤ちゃんは病気にかかりながら成長するとはわかっていても、やっぱり心配になるもの。今回は、おへそがピンポン玉大に大きく盛り上がり、「臍ヘルニア」と診断された大翔くんのお話です。

【大翔くんのデータ】
・生年月日:8月26日生まれ 
・きょうだい:なし
・出生時の身長&体重:身長50cm 体重2691g
・病気履歴:いちご状血管腫(生後1カ月)、臍ヘルニア(生後3カ月)、かぜ(生後7カ月)、かぜ(生後9カ月)、じんましん(生後10カ月)

大翔くんの『臍ヘルニア』ストーリー

おへそが大きくなる

生後3カ月ごろ、おへそが大きく盛り上がってきました。
臍ヘルニア 写真ピンポン玉のよう。




かかりつけの先生に相談

予防接種の際に先生に相談。「臍ヘルニア」と診断されました。




テープを貼って様子を

おへそにテープを貼って、様子を見ることになりました。




様子を見ていると・・・

1~2週間に1回、テープ交換のため通院していましたが、それ以降盛り上がることはなくなりひと安心。1カ月後には完治しました。
臍ヘルニア 写真こんなにきれいに!

「臍ヘルニア」とは?

いわゆる「出べそ」。腸が本来の場所から飛び出した状態で、多くは自然に治ります。大きには個人差があり、出っぱる時期も生後すぐからおすわりのころなどさまざまです。

「臍ヘルニア」の受診の目安とホームケア

1才になるころまでには80%、2才になるころまでには90%が目立たなくなるので、普通は何もせずに経過を見ます。あまりに大きすぎる場合は手術になることも。医師に相談しましょう。

記事を読む⇒⇒⇒深夜の高熱40℃超えで大パニック!2つの病院で「のどからくる風邪」と診断されるも一転・・・!【うちの子病気体験談】

『Baby-mo(ベビモ)』の内容をウェブ掲載のため再編集しています

【監修】 片岡 正 かたおか小児科クリニック院長

日本小児科学会専門医。東京大学医学部非常勤講師。信州大学医学部卒業。東京大学医学部小児科助手、日本赤十字社医療センター小児科医院などを経て、1996年「かたおか小児科クリニック」開業。

SHARE

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

ランキング