【ベビモ】はじめてママ・パパの悩みを解決

検索

menu

カテゴリー一覧

FOLLOW US!

  • LINE
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
  • Tiktok
menu

MENU

会員登録
menu

2021.10.24

妊娠中のトラブル

妊娠中こそデリケートゾーンをケア!かゆみやニオイの対策とおすすめソープをご紹介

妊娠中はマイナートラブルがいっぱい。デリケートゾーンのかゆみやにニオイなどのトラブルは、真夏に限らずタイツなどを履く秋冬にも起こりがちです。今回は敏感肌や妊娠中のデリケートゾーンのケアについて詳しい、持田ヘルスケアの片岡正枝さんに教えてもらいました!

デリケートゾーンのかゆみの原因は?

かゆみの原因はさまざま考えられます。ひとつは、妊娠によって女性ホルモンのバランスが崩れることで、肌が敏感になること。

デリケートゾーンは、下着だけなくストッキングやタイツなどを履くことで、常に高温多湿で温かく、真菌(カビ)や細菌が繁殖しやすい環境が整っています。その結果、かゆみを感じることもあります。

膣内まで洗うなど間違ったケアをすることも、かゆみの原因に。また、カンジタ膣炎の可能性もあります。

デリケートゾーンのニオイの原因は?

デリケートゾーンのニオイの原因は、デリケートゾーンやわきの下などに局所的に存在するアポクリン汗腺です。

アポクリン汗腺由来の汗は、脂肪やたんぱく質などの有機物が多く含まれ、分泌直後は無臭ですが、細菌が増殖し汗を分解することで独自のニオイを出します。

デリケートゾーンのニオイの対処方法

まずは清潔を保つことが大切です。デリケートゾーンは油性の分泌物も多いので、お湯で流すだけではなく、デリケートゾーン用石鹸でやさしく洗ってください。

ただし、健康な腟は自浄作用できれいに保たれるようになっています。腟内までは洗わないようにしてください。

デリケートゾーン用の石鹸・ソープとはどんなもの?普通の石鹸とどう違う?

デリケートゾーン かゆいデリケートゾーン用の石鹸は、低刺激性で、お肌と同じ弱酸性のもの。

真菌(カビ)や細菌の増殖を抑えてニオイを予防するものなどもあります。

デリケートゾーン用の石鹸・ソープの効果とメリット

デリケートゾーン石鹸を使うことで、真菌(カビ)や細菌が増殖を抑えニオイを予防してくれます。

メリットは日々のバスタイムで使用するので、毎日簡単にケアできる点。一生懸命ケアしなくても効果が得られるので、特に妊娠中など入念なケアがつらいときなどは便利です。

デリケートゾーン用の石鹸・ソープの選び方

デリケートな部分に使うので、低刺激性の洗浄剤を選びましょう。

洗い流ししやすいように、泡切れがいいタイプがおすすめです!

デリケートゾーン用の石鹸・ソープを使った洗い方

デリケートゾーンは角質層が薄いので、ごしごし洗いは禁物です。

刺激の少ない洗浄剤をたっぷり泡立てやさしく洗ってください。

デリケートゾーン用の石鹸・ソープの使用上の注意点

「腟内までは洗わない」というのがルールです。膣内まで洗うことがかゆみの原因になることもあるからです。

デリケートな部分ですから、気になることがあれば早めに婦人科など、専門医を受診してください。
次ページ > デリケートゾーン用のおすすめ石鹸&ソープ

監修/片岡正枝さん(持田ヘルスケア株式会社) 取材・文/木村美穂

Baby-mo〈ベビモ〉編集部

「Baby-mo(ベビモ)」は主婦の友社が運営する、妊娠・出産・育児の公式情報サイトです。妊娠期の不安、出産準備、赤ちゃんの成長、離乳食レシピ、産後の悩みまで。はじめてママ・パパに寄り添う情報を提供します。LINEの友だち追加で、限定プレゼント情報やおすすめ記事が届きます!

SHARE

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

ランキング