【ベビモ】はじめてママ・パパの悩みを解決

検索

menu

カテゴリー一覧

FOLLOW US!

  • LINE
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
  • Tiktok
menu

MENU

会員登録
menu

2021.08.30

妊娠生活

妊婦さんも履きやすいおしゃれなフラットシューズの人気おすすめ18選

妊娠したら、服や下着などを買い替える人は多いですよね。妊娠中は、足がむくみやすかったり、体の重心が変化したりするので靴も選び直すのがおすすめ。どんな靴を選べばいいのか悩む妊婦さんに向けて、妊娠中の靴選びのポイントとともに、おすすめの商品をご紹介します。ぜひ、参考にしてぴったりな靴を見つけてくださいね。

先輩ママ体験談!妊娠してから靴を買い替えましたか?

「営業職だったこともあり、仕事中はヒールがあるパンプスを履いていることが多かったのですが、妊娠を期にヒールが低いものに買い替えました。それでも以前より足がむくみやすく、疲れやすかったです」

「妊娠後期になった頃から急におなかが大きくなり、前かがみになると苦しくてストラップをとめにくくなりました。そのため、靴はストラップや紐がないタイプを選ぶように。赤ちゃんが産まれてからも、抱っこしたまま脱ぎやすいので愛用しています」

「もともとヒールの低い靴が好きでしたが、妊娠したらだんだん靴がきつくなってきたため、ワンサイズ大きいものに買い替えました。出産後はまた以前の靴を履いているので、プチプラなものを選んでよかったです」

靴を買い替えたという妊婦さんはたくさんいるようです。ヒールが低いものやストラップがないものに買い替えたり、ワンサイズ大きなものに買い替えたりと、普段履いている靴の種類によって、靴選びが変わってくるのかもしれませんね。

妊婦さんは靴選びの基準を変える必要があります

妊娠する前は、デザイン性や価格、履きやすさなどで靴選びをしていた女性が多いのではないでしょうか。少々足が痛くてもおしゃれのためには我慢して履いたり、ハイヒールを颯爽と履きこなしたりしていたことでしょう。でも、妊婦さんになれば靴選びの基準を少し変える必要があるんです。それには、次のような理由があります。

足がむくみやすくなるため

妊婦さんのなかには、足がむくみやすくなる人がたくさんいます。足がむくんでくると、いままで履いていた靴が窮屈になってくることも。

重心が変わってくるため

おなかが大きくなるにつれて、体の重心が変わってきます。重心が前に変化したり、背中を大きく反るようになったり。そのせいで腰を痛めたり、これまで履いていた靴に違和感が出てくることもあるのです。

転ぶと危ないため

足元が不安定な靴を履いていると、転ぶ危険性がありますよね。妊婦さんはおなかが大きくなるにつれて足元が見にくくなってくるので、さらに転ぶ危険が高いんです。妊娠中に転ぶと、怪我をするだけでは済まないことも。そのため、安全に歩ける靴選びが大切なんですね。

ヒールによる妊婦さんの身体への影響は?

ヒールのある靴は、足が長く見えるし足首がすっきり見えるのでうれしいアイテムですよね。でも、妊婦さんは身体への影響から避けた方がいいでしょう。

むくみが助長することも

ヒールを履いている間は、足首が動きにくく、ふくらはぎの筋肉が使われにくい状態です。そうすると血流が悪くなり、足がむくみやすくなります。

腰痛が悪化することも

高いヒールを履いていると、自然と骨盤が前傾してしまいます。そうするとバランスを取るために、反り腰に。ただでさえおなかが出てきて腰に負担がかかっている妊婦さんにとって、ヒールは腰痛悪化の原因です。

転びやすい&動きにくい

細いヒールを履いていると、踏み外す可能性が高く、とっさのときに動きにくいこともあります。出産後の育児では、活発な子供の動きに合わせてママもたくさん動かなくてはいけません。産後しばらくは、ヒール靴を履く機会がグンと少なくなるでしょう。

妊婦さんにぴったりの靴の種類を教えて!

妊婦さんにぴったりの靴の種類を紹介しましょう。

パンプス&フラットシューズ・バレエシューズ

仕事用のパンプスもフラットシューズにシフトチェンジ。バレエシューズならぺたんこ靴でも種類が豊富にありますよ。

モカシン・ローファー

履きやすく脱ぎやすいモカシンやローファーもおすすめの靴です。産後にも大活躍しますよ。

スリッポン

スニーカー派という妊婦さんには、靴ひもを結ばなくていいスリッポンがおすすめ。カジュアルな服装にぴったりのアイテムです。

ブーツ・サンダル

寒い冬にはブーツがおすすめ。ロングブーツだと足がむくんできつく感じることもあるので、足入れしやすいショートブーツを持っておくといいですよ。

妊娠すると体温が少し上がり、ほてりやすくなるため、夏はサンダルを履くのもよいでしょう。冷えすぎは厳禁ですが、暑すぎると過ごしにくいのでサンダルも上手く活用しましょう。

妊婦さんの靴でおすすめのタイプは?

足がむくみやすい妊婦さんには、幅広タイプの靴がおすすめです。妊娠前までヒールの高い靴を愛用していた人が、急にヒールのない靴を履くと歩きにくいこともありますよね。そんな場合は、太めの低いヒールの靴を選ぶといいでしょう。

妊婦さんの靴を購入するタイミングはいつから?

いつ頃からフラットシューズや履きやすい靴に履きかえればいいんだろう、と悩んでいる人もいるはず。妊婦さんに適した靴をいつから履けばいいかという決まりはありません。妊娠に気づいたときから、順次切り替えるのがいいでしょう。遅くともおなかが大きくなり始める妊娠中期には、フラットシューズやスッと履ける靴を購入しておくといいですね。

妊婦さんの靴の選び方のポイントは?

妊婦さんの靴の選び方には、いくつかポイントがありますので、ここでチェックしておきましょう。

3cm以内のヒールが低いもの

転ばないため、足がむくむのを防ぐためにも、ヒールの低い靴を選ぶようにしましょう。おしゃれな芸能人など、妊娠後も高いヒールを履いている人もいますが、赤ちゃんの安全が第一です。どうしても高いヒールの靴を履きたい人は、写真を撮るときなどだけにしましょうね。

履きやすく脱ぎやすい

おなかが大きくなってくると、自分で足の爪を切るのも難しくなってきます。ストラップが付いた靴やひもを結ぶ靴なども、自分では履きづらくなってくるんです。履きやすく脱ぎやすい靴を選んでおくと、産後は赤ちゃんを抱っこしたままでも脱いだり履いたりできるので便利ですよ。

滑り止め付き

雨で地面が濡れていたりすると、滑ることもありますよね。妊娠前は転びそうになっても、とっさにバランスを持ち直すことができたかもしれません。でも、妊娠中はそれも難しくなるんです。靴底に滑り止めが付いている靴を選んでおけば、滑りにくく安心できますよ。

妊婦さんが履きやすい靴(フラットシューズ)のおすすめ16選

妊婦さんにおすすめの履きやすい靴を、「オフィス向けのもの」「華やかなもの」「夏冬季節向けのもの」に分けてご紹介しましょう。おしゃれな靴がたくさんあるので、参考にしてみてくださいね。

オフィスにもOK!妊婦さんにおすすめの靴5選

ある程度きちんとした格好で通勤しないといけない妊婦さんもいますよね。ここでは、ビジネスシーンにぴったりの靴をご紹介。

[ナノユニバース] スクエアトゥ フラットシューズ
[ナノユニバース] スクエアトゥ フラットシューズ本革見えするマイクロファイバーで仕立てたクラス感あるフラットシューズ。一枚仕立てですっきりと仕上げたクラス感のあるルックスで、履き心地も良く、デイリーに重宝しま。今年らしい狭い履き口、モード感を添えるスクエアのつま先。かかとをつぶしたラフな履き方にも!産後も重宝する1足です。

サイズ:36(23.0~23.5cm)
メイン素材: 合成皮革中国製
[MILAN & Co.] 楽ちん ぺたんこ フラットシューズ スクエアトゥ

[MILAN & Co.] 楽ちん ぺたんこ フラットシューズ スクエアトゥ Vカット ローヒール パンプス大きなおなかでバランスがむずかしい妊娠中でも、スクエアトゥとVカットのアッパーが足元をスラッと美脚に見せてくれます。普段履きはもちろん、冠婚葬祭やパーティーなどのフォーマルや、旅行やショッピング、デート、通勤など様々なシーンハマるお洒落で上品なフラットパンプス。

サイズ:23.0~24.5cm
メイン素材: 合皮
表地: 合繊
カラー:ブラック、ベージュ、ブラウン
[アミアミ] セミスクエアトゥ バレエシューズ 低反発

[アミアミ] セミスクエアトゥ バレエシューズ 低反発ポインテッドトゥのバレエシューズは、きちんと感があり、色柄によって辛口にも甘めにも応用自在。いろいろなテイストのおしゃれを楽しみたい妊婦さんにおすすめです。また、ヒールが1.5cmとわずかにあることで、歩きやすくなっています。素材もエナメルやスエード、サテンなど豊富。動物柄やチェック柄もあるので、休日おしゃれのアクセントに履いてもいいかもしれませんね。

サイズ:21.5~25.5cm
カラー:42種類
素材:合皮
[VANCAT] ローヒールフラット

[VANCAT] ローヒールフラット快適な生地と特別なフットドライの職人技により、長時間履いても疲れ知らず。ポインテッドトゥとゴールドの縁できちんと感はバッチリです。

サイズ:23.0~24.5cm
メイン素材: ポリエステル
表地: 合繊
ソール素材または裏地: ゴム
カラー:5種類
[オリエンタルトラフィック] 本革 バレエシューズ パンプス

[オリエンタルトラフィック] 本革 バレエシューズ パンプスオリエンタルトラフィックの定番のバレエシューズが、はじめて本革スエードで作ったフラットシューズ。子供っぽくなりすぎない程よいラウンドトゥと、深みのあるカラーできちんと見せてくれます。やわらかいつま先&中敷クッション入りで、むくみが気になる妊娠中も履き心地もく、毎日履きたくなります!

サイズ:22.0~25.5cm
メイン素材: スエード
ソール素材または裏地: ゴム
カラー:5種類

スニーカー派!妊婦さんにおすすめの靴4選

動きやすいスニーカーは、赤ちゃんが産まれてからも大活躍のアイテム。特に、靴紐を結ぶ必要のないスリッポンが妊婦さんにはおすすめです。

[Heart Beat’s] スニーカー

[Heart Beat’s] スニーカー日本人の足型を徹底的に研究した専用の木型を採用した紐なしスリッポンタイプのスニーカー。クッション性抜群のEVAソールは歩く時の衝撃を吸収し、長時間の立ちっぱなしでも足の疲労や痛みが起こりにくいと好評。軽いので持ち歩きにも向いています。

サイズ:23.0~28.0cm
カラー:6種類
表地:合繊
[Hanani] スニーカー
[Hanani] スニーカーニット素材で通気性も良く、ムレやすい季節でもさわやかな履き心地。つま先も足の親指に優しい形をしていて、あるきやすさ抜群です。伸縮性にも優れ、脱ぎ履きがしやすいのも特徴。妊娠中のウォーキングにも活躍します。

サイズ:22.5~28.0cm
メイン素材: メッシュ
表地: メッシュ
カラー:7種類
[アサヒ] スニーカー スリッポン
[アサヒ] スニーカー スリッポン
女性らしいデザインとカラーが揃うASAHIのスニーカースリッポン。シューズ用に編み込まれたスウェット素材で、足当たりがやわらかいのが特徴。軽量、屈曲性が良い、底剥がれしにくいなど、日本製のこだわりが光ってます!妊娠中~産後の日常履きにおすすめ。

サイズ:22.0~27.5cm
カラー:6種類
表地:合繊

[アディダス] スケートボーディングシューズ
[アディダス] スケートボーディングシューズキャンバスアッパーでこなれたカジュアルが楽しめるアディダスのスニーカー。シューレースを取り除き、履きやすいスリッポンタイプに。シュータンラベルの「adidas」の文字がおしゃれです。

サイズ:24.5~28.0cm
メイン素材: キャンバス
ソール素材または裏地: 合成底
カラー3種類

華やかな場にもぴったり!妊婦さんにおすすめの靴3選

妊娠中でも、結婚式などの華やかな場にお呼ばれすることはよくありますよね。お宮参りでも活躍する華やかな靴のなかから、妊婦さんにおすすめの靴をご紹介しましょう。

[ビューメンス] ストーンビジュ
[ビューメンス] ストーンビジュビジューたっぷりのパンプスは、華やかな場にぴったり。今まで結婚式などの場では5cm以上あるヒールを履いていた人も、妊娠を機にローヒールへとシフトチェンジしましょうね。こちらはヒール高1cmながら、ふつうのペタンコ靴よりきちんと感が演出できますよ。

サイズ:22.5~25.0cm
カラー:3種類
メイン素材: 合皮
表地: エナメル
[ヘッジホッグ] グリッター フラット ローヒール パンプス

[ヘッジホッグ] グリッター フラット ローヒール パンプス華やかなシーンで輝くキラキラのグリッターがたっぷり。きちんと見えのポインテッドトゥで、オフの日はもちろん、結婚式や入学式等のオケージョンにも活躍!

サイズ:22.5~25.0cm
カラー:4種類
メイン素材: 合成皮革
[イノヤシューズ] パンプス 痛くない ローヒール

[イノヤシューズ] パンプス 痛くない ローヒール黒のスエードが美しい、大人な1足。結婚式などフォーマルなシーンにおすすめです。ヌケ感ある細身のデザインで足元をスッキリ見せてくれます。

サイズ:22.0~24.5cm
カラー:2種類
メイン素材: スエード
表地: スエード

夏or冬!妊婦さんにおすすめの靴とは

暑い夏、寒い冬には季節に合った靴がおすすめ。妊婦さんでも履きやすいサンダルやブーツなどをご紹介します。

[テバ] サンダル Hurricane XLT2
[テバ] サンダル Hurricane XLT2大人気のスポサンは、妊婦さんにもおすすめ。3ヶ所に付けられたストラップでサイズ調整できるのは、足がむくみやすい妊婦さんにうれしいポイントです。産後は子供との水遊びにも大活躍間違いなし。

サイズ:22.0~26.0(1.0cm刻み)
カラー:7種類
[KiKi&Gil] サンダル
[KiKi&Gil] サンダル暑い夏には、サンダルを履きたくなりますよね。ヒールだと歩きずらく、スニーカーだとスポーティすぎる時にのおすすめアイテムのスリッパサンダルです。足のむくみを気にせず、涼しく履ける1足。コーデにカジュアルな抜け感ができますよ♪

サイズ:23.5~24.5cm
カラー:ブラック・ベージュ・ホワイト
[Fisca] レディース スノーブーツ
[Fisca] レディース スノーブーツ妊婦さんの冬の靴には、冷えから足元を守ってくれるブーツがおすすめ。でも、ロングブーツは足がむくんでしまい履きにくいことも。スポッと足入れできるショートブーツなら、おなかが大きくても脱ぎ履きしやすく便利ですよ。厚い靴下を履く人は、ワンサイズ大きいサイズを選んでおくといいかもしれませね。

サイズ:23.0~25.0cm
カラー:ブラウン・ブラック・レッド
素材:ポリウレタン
表地: ラシャ

妊婦靴(フラットシューズ)のおすすめブランド3選

妊婦さんにおすすめの靴を販売しているブランドを紹介しましょう。

NEW BALANCE(ニューバランス)
アメリカ発祥のNEW BALANCEは、フィット感を追求してきたメーカー。動きやすく履きやすいスニーカーが勢揃いしています。このウォーキングシューズは、すっと履くことができるスリッポンタイプです。クッション性が高いインソール「CUSH+(クッシュプラス)」のおかげで、足が疲れにくいですよ。インソールの柄もかわいいと好評です。
UGG®(アグ)
オーストラリア発の人気ブランドアグ®の靴は、ムートンが温かいと評判。そんなアグ®のモカシンは、温かいだけでなく履きやすいと妊婦さんから人気です。ブーツやモカシンが有名ですが、サンダルやスリッポンなどもあり、フラットシューズのラインナップが充実しています。
TOMS(トムス)
貧困のために靴を履かないで生活しているアルゼンチンの子供たちとの出会いから生まれたブランド、TOMS。軽量で動きやすくシンプルなスリッポンが揃っているので、妊婦さんにぴったりです。また、靴が1足購入されると、貧困で困っている子供に新しい靴が1足贈られるシステム“One for One”を掲げており、靴を買うことで誰でも社会貢献ができます。

文/大関杏奈

Baby-mo〈ベビモ〉編集部

「Baby-mo(ベビモ)」は主婦の友社が運営する、妊娠・出産・育児の公式情報サイトです。妊娠期の不安、出産準備、赤ちゃんの成長、離乳食レシピ、産後の悩みまで。はじめてママ・パパに寄り添う情報を提供します。LINEの友だち追加で、限定プレゼント情報やおすすめ記事が届きます!

SHARE

  • facebook
  • Twitter
  • LINE